クラミジアの様々な感染経路やどれくらいの潜伏期間があるのかをいち早くお届けしております!

尿道から膿のようなものが出るですとか排尿痛がある・軽い発熱や痛みがあるといった場合、クラミジアにかかっている場合もあるのです。

性行為などからも感染してしまいますので、パートナーにうつしてしまう可能性もありますので、少しでも疑わしいと思ったら病院へ行かなくてはいけません。

また、感染力があるものですのでタオルですとかバスタブにためたお湯を第三者と共有するなどと言ったことは避けなくてはいけません。

今では、こうした性病にかかってしまうという人も年々増えているのです。

もし、病気になってしまっても心配はいりません。

医師の指示を仰ぎ、適切な治療を行うことで治癒させることは可能なのです。

苦痛を伴う治療などをすることはありません。

殆どの場合は、1週間ほどの飲み薬の服用の後、再検査をして問題が無ければ治癒となります。

ニューキノロンと呼ばれる抗菌薬であるクラビットなどを使うことが出来れば、治療費なども若干安く済ませることが出来ます。

クラビットジェネリックとも言われているもので、名前の通りジェネリック薬品の1つでので効果は他の薬剤と変ることなく薬価だけを下げることが出来るのです。

このようなお薬を利用したい時には、医師に相談をすれば処方してくれるでしょう。